レイモンド・カーヴァーの世界









演出家より


カーヴァーの小説は詩のように美しく、奥行きがある。言葉は極めてシンプルで平易だが、読み進めるうちに行間から溢れるさみしさの深さや広さに読者はすっかり飲み込まれてしまう。こんなに簡単な言葉でこんなに複雑な心情を描けるものかと感動する。どうしようもない男と女の、どうしようもないすれ違いや破綻を描いたこれらの作品群は、人生に疲れたことのある聴き手の心にそっと寄り添うだろう。

演出 谷 賢一
1982年生まれ。作家、演出家、翻訳家。明治大学演劇専攻、University of Kent at Canterbury、Theatre and Drama Studyで演劇を学び、DULL-COLORED POPを主宰。2013年に第6回小田島雄志翻訳戯曲賞、文化庁芸術祭賞優秀賞を受賞。近年は外国人演出家の日本での演出作に翻訳、上演台本等で参加する機会も多い。昨年の『1961年:夜に昇る太陽』の作・演出でも高い評価を受けた。

出演者

仲村トオル
仲村トオル

1985年より映画、TVドラマなど多数の映像作品で活躍。韓国映画、中仏合作映画などにも出演。舞台は2004年よりキャリアを重ね、主な出演作には『ドライブインカリフォルニア』(04年 松尾スズキ演出)、『偶然の音楽』(05年/08年 白井 晃演出)、『奇ッ怪』シリーズ(09年/11年/16年 前川知大演出)、KERA MAP『グッドバイ』(15年 ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出)、NODA MAP『エッグ』(12年/15年 野田秀樹演出)、『プレイヤー』(17年 長塚圭史演出)などがある。
矢崎広
矢崎 広

2004年ミュージカル「空色匂玉」でデビュー。ミュージカルからストレートプレイまで多数の作品の経験を積みながら、ドラマ、声優、CMナレーションまで多岐に渡り活動している。近年ミュージカル作品では『タイタニック』(14年)『ジャージー・ボーイズ』(16年/18年)、『ロミオ&ジュリエット』(17年)、『ライムライト』(19年)、ストレートプレイでは『女中たち』(15年)、『黒いハンカチーフ』(15年)、『宮本武蔵(完全版)』(16年)、『人間風車』(17年)、『R&J』(18年)と幅広い役柄に挑んでいる。
手塚とおる
手塚とおる

1962年生まれ、北海道出身。83年、唐十郎作・蜷川幸雄演出の『黒いチューリップ』で舞台デビュー。以降、数々の舞台作品に出演し、近年は映画、TVドラマまで幅広く活躍。最近の舞台作品として、2017年『僕だってヒーローになりたかった』(鈴木おさむ脚本・演出)、『リチャード三世』(シルヴィウ・プルカレーテ演出)、18年『ゲゲゲの先生へ』(水木しげる原案・前川知大脚本・演出)などがある。
平田満
平田 満

早稲田大学在学中、つかこうへいと出会い、つかこうへい事務所旗揚げに参加。1982年、映画『蒲田行進曲』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞をはじめ多数の映画賞を受賞。2001年『ART』『こんにちは、母さん』で読売演劇大賞最優秀男優賞、14年『失望のむこうがわ』『海をゆく者』で紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。06年にアル☆カンパニーを立ち上げ、精力的に活動。近年の主な出演舞台は『白蟻の巣』『赤道の下のマクベス』(共に新国立劇場)、『荒れ野』(アル☆カンパニー)等。
作曲・ピアノ演奏
阿部篤志
大学は法学部を卒業するも独学でピアノを習得。ジャンルを問わないさまざまな音楽シーンで活躍。近年では、東儀秀樹&古澤巌&cobaの全国ツアー、岸 惠子、松坂慶子、仲代達矢の朗読公演の音楽制作・演奏でも大好評を得ている。


公演概要


 
《上演作品》
仲村トオル 「コンパートメント」
矢崎 広    「収集」「菓子袋」
手塚とおる 「ダンスしないか?」「もうひとつだけ」
平田 満    「愛について語るときに我々の語ること」



兵庫
期間 : 2019年5月25日(土)・26日(日)
会場 : 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
           〒663-8204  兵庫県西宮市高松町2-22
アクセス : 阪急西宮北口駅南改札口から連絡デッキで直結

hankyu


東京
期間 : 2019年5月30日(木)~6月2日(日)
会場 : 六本木トリコロールシアター
          〒106-0032  東京都港区六本木6-8-15
アクセス : 日比谷線 六本木駅3番出口から徒歩3分(大江戸線出口からは徒歩5分)
                 大江戸線 麻布十番駅7番出口から徒歩7分(南北線出口からは徒歩約15分)

roppongi



スケジュール

開場は各回開演30分前、全公演終演後に演出家と出演者2名のアフタートークあり

■兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール

5/25(土) 14:00 5/26(日) 14:00
仲村トオル・手塚とおる 矢崎 広・平田 満


■六本木トリコロールシアター

5/30(木) 5/31(金) 6/1(土) 6/2(日)
14:00 平田・手塚 仲村・手塚 矢崎・手塚
18:00 仲村・矢崎
19:00 平田・矢崎 仲村・平田


チケット

一般発売:2019年3月24日(日)


兵庫
兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
全席指定 4,500円(税込)

【ご予約・お問い合わせ】
芸術文化センターチケットオフィス
0798-68-0255(10:00~17:00/月曜休※祝日の場合翌日)
http://www.gcenter-hyogo.jp/


チケットぴあ
0570-02-9999(Pコード:491-594)

ローソンチケット
0570-000-407(オペレーター対応)
0570-084-005[Lコード:55760]
http://l-tike.com/

イープラス(パソコン・携帯共通)
http://eplus.jp/

東京
六本木トリコロールシアター
全席指定 5,800円(税込)


【お問い合わせ】
トライストーン・エンタテイメント
03-3422-7520(平日12:00~18:00)


チケットぴあ
0570-02-9999(Pコード:492-761)

ローソンチケット
0570-000-407(オペレーター対応)
0570-084-003[Lコード:35511]
http://l-tike.com/

イープラス(パソコン・携帯共通)
http://eplus.jp/

※未就学児はご入場いただけません。
※やむをえない事情により、公演内容、出演者等に変更が生じる場合がございます。
 その場合チケットの払い戻し等は行いませんので予めご了承ください。


スタッフ

 
演 出 谷 賢一
照 明 佐藤 啓
美 術 関谷 潔司
映 像 松澤 延拓
音 響 金子 彰宏
舞台監督 野口 毅
宣伝美術 triple-O
プロデューサー 佐藤 政治 栗原 喜美子 安部 菜穂子
東京公演制作 笛木 園子
企 画 兵庫県立芸術文化センター
共同製作 兵庫県立芸術文化センター トライストーン・エンタテイメント
協 力 六本木トリコロールシアター


  hankyu   roppongi